*

大人の私服選びで一歩抜け出すにはいつも着ているアレを活用しよう!!

      2017/04/05

スポンサーリンク
Pocket

tumblr_mts6zyNFEF1r5jwlho1_500おはようございます。

ファッションスタイリスト兼ブロガーのEiichiです。

今回は前回の続きになります。

前回は洋服を選ぶ時に迷う2つの理由についてお話しました。

今回はその迷いと悩みを解決する考え方についてお話します。

登場人物
01
Eiichi
ファッションスタイリスト兼ブロガー 30代
02
トシくん
べっしーさんの依頼人 30歳を機にファッションを変えようとEiichiに相談中

Eiichi
それじゃこの間の続き話そうか

トシくん
え?あーそうだね。でもちょっと忘れてるとこもあるから前回の話端折って教えて

Eiichi
まずは買い物する場所、お店、選ぶ服 参考にする情報、などが物凄く多くなってきており個人にとっての選択肢が多すぎて迷ってしまうという事。

トシくん
そうだ。この間服買いに言ったのに迷って結局買わなかったって話してた

Eiichi
あとはこの表

スライド1
トシくん
そうだ!!コレコレ これが洋服を選ぶセンスを図で表してるんだよね。

Eiichi
そう。そして経験を多くする事でこの三角形、要はセンスが磨かれるという話までしたね。

トシくん
そうだった。そんで経験がない人はこれから洋服に関しての経験を積むの大変だって話だった。

前回の話を詳しく知りたい人はコチラ。⇒似合う?似合わない?洋服選びで迷ったり分からなくなってしまう二つの理由
トシくん
それで経験が無くても服装のファッションセンスが身に付く方法があるって話だ!!早く聞かせて!!

Eiichi
はいはい。そー慌てなさんなって。

Eiichi
そしたら始めようか。さっきの図に書いてあった客観的な視点、他人から見た服装というのがあるんだけどトシくんはどんな格好の人がオシャレだとかカッコイイとか思える?

トシくん
えー・・オシャレとかカッコイイと思う人?・・ぱっと見でなんとなくオシャレだなーって感じる時あるけど・・でも言葉で言いづらいな・・そもそもあんま服に詳しくないし。

Eiichi
そーなるよね。じゃあ逆にこれはマズイだろーとかダサいなーとか思う格好は?

トシくん
うーん。これも何となくというか個人の好みになってしまうんだけど・・やたらポケットが多い服とか不思議なキャラクターのプリントTシャツとかは???ってなるかな・・

Eiichi
なるほど。確かにカッコイイとかダサいとかは個人の好みの部分が結構あるよね。でもね、世の中のほとんどの人がこれはOK!!という格好が1つだけあるんだ。

トシくん
え!?・・・イヤイヤそりゃー無いでしょ。だってこの間べっしーさん世の中の人達のライフスタイルや価値観が多様化してきてるって言ってたじゃん!!

Eiichi
そうその通り。だから服も沢山種類があって迷うといったね。

トシくん
そーでしょ。そんな中で世の中の人がみんなOK!!なんて服ある訳ないでしょ!!

Eiichi
そんな事はないよ。現にトシくんは平日この格好で過ごしてるでしょ。

トシくん
平日・・?って仕事してるし・・あ!?もしかしてスーツの事?

Eiichi
そうその通り。スーツは世の中の人が唯一全てOKなメンズの服装。

トシくん
そりゃー当たり前でしょ。仕事着なんだから。べっしーさん今は私服の話でしょ。普段にスーツ着てる人なんていないでしょ!!

Eiichi
そう。皆が当たり前と言える程見慣れてて定着している格好がスーツ姿。社会的に認知されている格好だよね。ここが重要。

トシくん
だからスーツは私服で着ないし着てたらおかしいでしょ?

Eiichi
その通り。でも別に普段スーツを着て!!って言ってる訳じゃないんだ。今回言いたいのはスーツという男女問わず皆に認知されていている格好を基準にした普段着の私服、カジュアルな格好をする考え方あるという事なんだ。

トシくん
スーツを私服に・・???

Eiichi
そう。まずはこれを見て

12201414_52b3d2228e4fd
トシくん
オシャレだな~やっぱり外人は何着てもさまになるよね。

Eiichi
オシャレだよね。でも今の話は外人もそうなんだけど服の着方とかコーディネートの部分の話。

トシくん
コーディネート?ああ確かに服の組み合わせもオシャレな雰囲気を漂わせてる・・

Eiichi
この人のコーディネートこそさっき言ってたスーツを基準にしたカジュアルな格好なんだ。

トシくん
えー!!そーなの。全然分かんない。どこがスーツなのよ。どう見ても普段着で私服でしょ。

Eiichi
そうだよね。スーツなんて着てないし分かんないよね。でもよーく見て。トシくんの私服との違い。

トシくん
えー!?うーん・・何かこう上品というか大人っぽいというかキレイな感じの雰囲気だな・・

Eiichi
そう!!その通り。スーツを基準にした服装とはトシくんが言ってくれた上品とか大人っぽい雰囲気が出る着方で一般的には゛キレイめカジュアル゛と呼ばれている服装。

トシくん
キレイめカジュアル・・何か聞いた事あるかも。

Eiichi
ヨーロッパの人達はこのキレイめカジュアルという着方を昔から普通に取り入れているんだ。トラッドくずし とか ハズし とも言われてる。

トシくん
トラッド・・何か難しい言葉になってきたなー

Eiichi
そうだよね。そしたらまずは僕達日本人とヨーロッパのヒト達との違いを少し昔に遡って解説するね。

トシくん
遡る・・って歴史か何か?

Eiichi
そうだね。洋服の歴史みたいな話。まあそんなに難しくないから。

゛スーツ゛という考え方

という事で日本とヨーロッパの男性服について解説していきます。

まず会話に出てきていたスーツという服装はしばしばクラシックとかトラッドという言葉に例えられます。

クラシックは古典的とか伝統的という意味でトラッドも同様です。

厳密にいうとクラシックとトラッドは違いがあるのですがここではややこしいので同じカテゴリーとして説明します。

月日で言えばもう100年位前からそのベースとなる形は出来てきています。

一言で言えばメンズ服の原点。

昔で言えばこのスーツをベースに軍服や制服といったユニフォームが生まれ今日にいたるという事です。

゛洋服゛という言葉通り洋服の発祥はヨーロッパです。

ヨーロッパの人達はこの洋服の原点であるスーツという服装スタイルをリスペクトしながら時代の流れを取り入れてきました。

そしてそれは今でも続いております。

例えば先程紹介した上の画像はジャケットにスゥエットパンツを合わせています。

ジャケットというアイテムはスーツの服装スタイルでいうところの上着にあたります。

考え方としては゛スーツの上着にスゥエットパンツを合わせる゛とも言えます。

『イヤイヤ・・スーツの上着そのままスゥエットと合わせたら変でしょ?』

今読んでる人はそうツッコミましたね。

そう。そのツッコミこそがヨーロッパ人と日本人との違いを物語っています。

確かに普通に仕事で着ているスーツの上着をそのままスゥエットに合わせて着てしまうのは変です。

ここで言いたいのは具体的にそういう組み合わせで着るという事でなく゛考え方 発想゛の話です。

先ほどのツッコミを考えてしまうほとんどの日本の人はスーツはスーツ、仕事着という認識とイメージしか持ち合わせていません。

しかしヨーロッパの人々は確かにスーツは仕事着でもあるけど、日常の普段着の延長という捉え方です。

なのでここで言っていたスーツの服装スタイルというのはスーツそのものを指すのではなく

スーツを完成させる1つ1つのアイテムの組み合わせという事になります。

具体的に1つ1つのアイテムというのは ジャケット シャツ スラックス 革靴 それにネクタイを加えたものです。

これを組み合わせるとスーツが完成します。

なので先程の外人の場合スーツの服装スタイル(ジャケット+シャツ+スラックス+革靴)からスラックスをスゥエットパンツに変えたという考え方になります。

この辺はもう少し掘り下げて詳しく説明しないと難しいのでまた別の記事でお話します。

スーツに関して言えばヨーロッパ、日本問わず冠婚葬祭で義務付けられていたり、ビジネスシーンで着用されたりしています。

それは昔からスーツが男性を最も上品に見せる服装と考えられたからです。

そしてスーツの服装スタイルというも同様です。

つまり先程の会話にあった、なんとなく上品とか大人っぽいという雰囲気はこのスタイルをベースに服を組み合わせているから出ていると言えます。

ヨーロッパの人達はこういった考え方をベースに流行、トレンドを加えて自分の服装をコーディネートしているという事です。

スタイルを持たないスタイル

日本の男性がこういうスタイルの発想を持たないのは文化の影響が少なからずあります。

日本は資源輸入国です。

資源を生み出せる国土がありませんから他の国でそれを輸入して製品を完成させてそれを他の国へ輸出する事で経済成長をしていった国です。

これはファッションの分野も同様で様々な海外の服を取り入れてきた背景があります。

古くから遡ると明治維新が始まりで日本政府は海外の国々との外交をスムーズに行う為に積極的に服装を洋装化させていきました。

ちなみに意外ですが洋服は男性の方が先に着ていますし多く広まったのも男性が先です。

それは先程説明した政治や外交などを行っているのは当時はほぼ男性だったからです。

そこから戦争を経て戦後に洋服の普及は一気に加速されます。

当時の仕入れ先はアメリカが中心でしたが徐々にヨーロッパからも増え始めついには流行という流れも日本に上陸してきます。

ここでいう流行とは服の形や組み合わせなどだけでなく例えばデニムといったアイテムだったりも含まれます。

例えば昔は~が流行!!となるとそのままそのスタイルをコピーしていました。

上着は○○を着て中は~●●パンツは◎◎で靴は△△。

上から下までそのスタイルの決められた物をそのまま来ていれば良かったのです。

日本はそうやって流行という名の決められた服を着てた時代がありました。

まあ、考えて見れば日本が生み出した昔からある服は和服なので洋服の場合はこういう状態になってしまうのは仕方ないのかもしれません。

そもそも他の国で作られてきた物ですから自分達のスタイルも何もなくそのままただその服装を真似して着るしかないですから。

なので日本の男性の殆どは先程言ったスーツの服装スタイルを日常の服装の延長上と捉える事なんて出来ないのです。

傍から見れば外国の人もスーツ姿で仕事してますし当然そのままそう捉えますから。

スタイルの内情を把握してた人はおそらく実際に外国で生活していた人だったと思います。

希にそういう人はいたのでしょうががおそらくは少数だったハズです。

しかし2000年代に入り、そんなスタイルを持たないスタンスの日本人が逆に世界のファッションシーンに影響を与える事になります。

流行はサイクルで回っており一巡して戻ってくる性質があります。

70年代風のとか80年代風のファッションとか聞いた事ありますよね。あれです。

同じ様に2000年に入って80年代の回帰が見られたのですが日本の若者達はその80年代風のファッションをそのままのテイストで着るのでなく自分達で自由にアレンジを加え始めたのです。

こういう様々なテイストをMIXさせたファッションはパリやミラノのデザイナーに影響を与えたとされます。

パリやミラノのコレクションがストリートを意識し始めたのもこの頃です。

こうして普段の街着は様々な服のテイストが自由になっているMIXのスタイルになっていった訳です。

前回も言いましたがこんな状態なので洋服にあまり詳しくない人はますます混乱する状態になっています。

Eiichi
どう?大体分かった?

トシくん
うーん・・まだちょっと微妙だな・・でも要するに日本人はパクってばっかいて自分が無かったって事でしょ?

Eiichi
パクってって・・・まあ間違ってはいないかな。ただ裏を返せばそのルールに囚われない自由な発想が世界に評価されたとも言えるね。

トシくん
ふーん。でもヨーロッパの人達は自分を持っているからそれと流行りを上手く取り入れてたんでしょ?

Eiichi
その通り。なんで今の世の中の状況だと私服に関しては完全に自由でルールが無いから、洋服の経験の少ない人達にはこのヨーロッパの人達のような考えをベースにした服のコーディネートをオススメしているんだ。

トシくん
ベースの考えがあれば服を選び易いという事?

Eiichi
そう。特にさっき話した客観的な視点は経験以外では養えない。だけどスーツをベースにした物であれば最初から他の人達も共感できる物であるのは間違いないから。

トシくん
そっか!!だからさっきの外人はオシャレに見えたんだ。

Eiichi
そう。言い換えればオシャレと思われるというのは共感されたとも言える事だから。

トシくん
でもなんとなくスーツを基準とした服装は分かってきたけどやっぱりいざ実践となるとかなりハードル高い気がする。

Eiichi
そんな事ないよ。服装コーディネートは服の組み合わせだけだからある程度仕組みを理解すれば簡単に実践出来るよ。

トシくん
もーそれを早く教えてよ!!

Eiichi
ゴメンネ。別に勿体ぶってる訳じゃないんだけど、今日話した内容が頭に入っていれば今後教える事もスムーズに理解できるから。

トシくん
なる程。んでどーすれば良いの?

Eiichi
それはまた次回という事で。

トシくん
ベタなオチ2回目でーす。

次回の記事はコチラ

大人っぽいコーディネートって?知らないと損する超簡単で誰でもオシャレになるメンズ私服の考え方。

続けて読んで頂けるとより理解が深まります。

ファッションのコーディネートの仕組みや仕方に関しては是非こちらのカテゴリー記事

大人のオシャレなコーディネートに関する仕組み、仕方 すごく使える記事 一覧

ツィッターの人はコチラ

Pocket

スポンサーリンク

 - ファッションの基礎知識, ファッション知識

  関連記事

読めば納得!!周りからオシャレと言われてる人が持つ矛盾した共感される個性とは【メンズ】

スポンサーリンク Pocket おはようございます。 ファッションスタイリスト兼 …

『ファッションショーは意味が分からない!!』3分で簡単に分かるファッションショーの見方とは

スポンサーリンク Pocket photo by https://www.vog …

自分の服の着こなしを変える為のファッションの情報収集2つのポイントとは

スポンサーリンク Pocket おはようございます。 ファッションスタイリスト兼 …

トレンドの服でオシャレ!?終わった服着てダサい!?ファッションの流行とオススメの取り入れ方を解説

スポンサーリンク Pocket おはようございます。 ファッションスタイリスト兼 …

でぶった人は注目!ついにやってきた俺達の時代、ビックシルエットファッションの流行とは

スポンサーリンク Pocket photo by www.pinterest.c …

知って得する新春セールで狙うべきアイテムとタイミングとは

スポンサーリンク Pocket photo by matome.naver.jp …

スニーカー好きな人が夏絶対にオシャレに見えるアイテムのベスト5をユニクロとGUから発表!!

スポンサーリンク Pocket photo by https://s-media …

きれいめカジュアルファッションの゛きれいめ゛って何?4つのポイントで分かるきれいめなメンズ服の見分け方

スポンサーリンク Pocketphoto by jooy.jp おはようございま …

どんな体型でもOK!!ファッションで体型をカバー出来る3つの服と服の組み合わせとは?

スポンサーリンク Pocketおはようございます。 ファッションスタイリスト兼ブ …

ファッションセンスを身に付けたいと思ったら真っ先に用意しなければならない必要不可欠なアイテムとは?【メンズ】

スポンサーリンク Pocketphoto by www.cnet.com おはよ …