*

もう色合わせで絶対に迷わない!?色別で1色ずつ解説する洋服の色の印象と組み合わせ方13選

      2017/04/05

スポンサーリンク
Pocket

bb60d92620705215abff4bca49aae48b
photo by www.pinterest.com

おはようございます。

ファッションスタイリスト兼ブロガーのEiichiです。

今回は洋服で重要な色や色合わせに関して。

ファッションでいう色は他人に与える印象や影響は間違いなく1番です。

洋服の場合そのデザインに注目がいきがちですが、他人がその人を印象付ける要素としては洋服の色やその組み合わせがデザインよりも上回ります。

なので洋服の着る色やその組み合わせ方は超重要です。

今回はそんな超重要な洋服の色の印象とその組み合わせ方を色別に並べて解説していきます。

洋服の色選びや、色の組み合わせを考える時の参考にしてみて下さい

洋服の色の印象と組み合わせ方① ベーシックカラー(定番色)

まずは洋服の色合わせのベースとなりうるベーシックなカラーから解説していきます。

ベースとは上着やパンツといった全体の面積が大きい服に使う事を指します。

①黒

magic-1469121_640※無彩色

昔から品位や伝統的、保守的なベーシックな場面において全世界共通で用いられ礼装用として公式な場面で使われています。

要するに冠婚葬祭として全世界共通で使われる色って事です。

またフォーマルな部分の反面ではロックやパンク、などといった革新的なトレンドを生み出している色でもあります。

印象

フォーマルな場にふさわしい色でもあるので厳粛や威厳、モダンでスマートな印象といったイメージを与える事が出来ます。

また、玄人(黒人)というように黒を身に付ける事で経験豊かな印象を与え軽く見られないようにする効果もあります。

色の使い方 組み合わせ方

黒は同じ面積でも小さく見える引き締め効果があります。

なので自分の体型で気になる部分(お腹周り、お尻、ももなど)に使うと体型がしまって見えます。

ただし、全身黒でのコーディネートは注意が必要。

昨今ではワントーンといってコーディネートを1色で統一する着こなし方もありますが、これは上級者向け。

アイテム選びやシルエットのバランス感覚が伴って初めて様になるスタイルなのであまりオススメ出来ません。

黒はベーシックなカラーなので色合わせは基本的にはどんな色でも合わせられます。

ただ赤や青などといった原色の明るいアクセントカラーを組み合わせる場合は強い色同士の組み合わせなので注意が必要。

その場合それらの明るい色はインナー(中に着る服)として合わせるのが良いでしょう。

かなり印象が強くなるので逆に相手に自分を印象付たい場合はそういう組み合わせでも良いでしょう。

ビジネスシーンでのVゾーンでネクタイをアクセントカラーにする様な組み合わせ方は効果的です。

上着やパンツなどに黒の物があるとかなり着まわしが利くので重宝します。

付け加えるのであれば季節感

春夏シーズンの場合は明るく軽い色の使い方がメインになるので黒を上着やTシャツに使うと重くなりがち。

上着に黒を使うならパンツは白やライトグレーといった明るくベーシックな色を合わせるのが良いでしょう。

秋冬シーズンは逆に上着は重みがあった方がバランスが良いので特に問題ありません。

オススメコーディネート
12558624_216091268732227_741754211_n
photo by mulpix.com

白を組み合わせたモノトーンコーディネート。

簡単で誰でも似合うかつオシャレに見える組み合わせです。

②白

orchid-4780_640

※無彩色

世界中で神聖な色として認識されている色。

白は神の色とも言われており白馬や白蛇など白い動物は神聖な動物とみなされます。

印象

清潔 清純 純白 さわやか クリーンといったイメージ。

人は白を見ると純粋、無垢といった穢れのなさをイメージします。

なので白を身に付ける事で誠実さを印象付ける事が出来ます。

色の使い方 組み合わせ方

白は黒とは逆に同じ面積でも大きく見えてしまう膨張色になります。

なので太っているなど体型が気になる人が着る場合は黒や紺といった引き締め効果がある暗いトーンの服と組み合わせるのが良いでしょう。

明暗のコントラストが明確になるので全身で見るとスッキリまとまります。

白も黒同様にベーシックで何にでも合う色なのでコーディネートに困る事は無いでしょう。

赤や青などの強いカラーも黒程コントラストは強くなりません。

春夏シーズンなどはこの様な組み合わせは明るくさわやかなので効果的です。

冬のシーズンは白いコートの女性などは見かけますので上着として使ってもアリですが、冬場のアウターはボリュームがあるので膨張色である白を用いる場合はバランスに気を配る必要があります。

冬場は白シャツなどの重ね着で白を効果的に見せるような活用の仕方が良いでしょう。

オススメのカラーコーディネート
okimg_9519photo by kurumani.com

白シャツにジーンズの紺や青という王道中の王道コーディネート。

紺や青も清潔感、清涼感といったさわやかなイメージがあるので二つ組み合わさればかなり清潔感が上がる印象

オールシーズン使える色の組み合わせで秋冬はこれにベーシックな黒やグレー、ベージュなどの上着(アウター)を合わせればOk。

③グレー

architecture-1517580_640※無彩色

グレーは白と黒の中間色。

白と黒にこのグレーを合わせた3色は無彩色と呼ばれどの色とも調和出来る万能カラー

印象

白と黒の中間となる色なので明度がどちらに偏っているかで印象が若干異なる色です。

白に近いグレーはライトグレーになりグレーでも明るめなグレー。

この場合上品、モダン(都会的)スタイリッシュなイメージ。

黒に近いチャコールグレーの場合、重厚でフォーマル、シックで大人っぽいイメージ。

色の使い方 組み合わせ方

グレーを選ぶ場合注意したいのがこのチャコールグレー。

実年齢よりも上に見らがちな人の場合、暗めのトーンのグレーを選んでしまうと更に老けた印象に。

選ぶならモダン(都会的)なイメージのライトグレーがオススメ。

無彩色の中でも一番万能でどんな色でも合わせ易いのがグレーの特徴なので赤や青などのアクセントカラーなども難なく合わせられます。

明るいカラーを合わせる場合は白に近いライトグレーと合わせると更に上手くまとまります。

オススメコーディネート
17095264611_4092ab2ca4_o-1photo by http://fashionsnapfreaks.net/

白、黒、グレーという無彩色3色にプラス鮮やかなブルーのアクセントカラーを差し込んだコーディネート。

無彩色同士やベーシックカラー同士であれば基本的に上着、パンツ、インナーのどの組み合わせでも合うのでよくまとまります。

そこに1色だけアクセントとなるカラーを加えたコーディネート。

アクセントカラーはインナーにするのが大人っぽくまとまります。

④紺

starry-sky-1105117_960_720photo by pixabay.com
※寒色

黒の次にフォーマルなカラー。

就職活動のリクルートスーツを思い浮かべると分かり易いですよね。

紺のスーツは結婚式などにも着用可。

印象

フォーマルなカラーという事で誠実さや真摯、清潔感などのイメージが持たれます。

また、信頼感、真面目、堅実などといった印象も持たれます。

黒はフォーマルな面の他にロックやモードな面も兼ね備えていますが、紺はそういうった要素がないのでビジネスでは紺は基本的な色とされています。

色の使い方 組み合わせ方

紺は単色で考えるとベーシックカラーの中では一番無難なカラーになります。

どんな色にも合わせられてなおかつ相手に映る印象も悪くはありません。

ただ、それゆえに紺単色だと相手に物足りなさや味気なさを感じさせてしまうのも事実。

なので紺の他に組み合わせる色とその組み合わせ方が重要

紺はベーシックカラーのカテゴリーでは黒やチャコールグレーと同類で体型の引き締め効果もあります。

しかし黒程強い印象にはならないので黒だと合わせづらい赤や青、黄色などの明るいアクセントカラーを組み合わせる事が可能です。

それらの色をインナーに組み合わせるだけでもかなり印象が違ってきます。

デニムの紺を連想すればどんな明るいカラーでも合わせられる事がイメージ出来ると思います。

また、ライトグレーと組み合わせる事でモダン(都会的)なイメージに仕上げる事も可能です。

オススメコーディネート
b7a3a110e7d92afa2614de0bb2d8b4fephoto by www.toratora.gr

紺のブルゾンに白Tシャツ、ライトグレーのパンツ。

紺はライトグレーと合わせる事でモダンな印象に変わります。

更に清潔感ある白を組み合わせる事でモダンで清潔感あるスタイリッシュな色の組み合わせにする事が出来ます。

⑤ベージュ

cairn-1277314_640
※暖色。

定番と言われるとピンとこないかもしれませんがレディースファッションでは定番中の定番。

アパレルでは特に仕事着であるオフィシャルシーンの服は毎年かかさず定番的に出している色です。

トレンチコートが代表的なアイテム。

メンズだとチノパンが馴染み深いですね。

印象

柔らかく上品、明るい、活発的といったイメージ。

同じ上品なライトグレーのモダン(都会的)な印象とは対照的で、動物の毛並みを彷彿とさせるような柔らかさが兼ね備えられた上品さ。

安心、信頼などといった印象も。

色の使い方 組み合わせ方

ベージュも基本的にベーシックカラーなのでどんな色とも相性が良いです。

ただ、ベージュもグレー同様に明るめと暗めのトーンがあるのでそこを抑えて色選びするのがポイント。

具体的に春夏シーズンに販売されるベージュのトーンは明るめのトーンが主なので白やライトグレーの他、青や赤、黄色などといったアクセントカラーなどによく合います。

逆に秋冬シーズンは暗めのトーンのベージュなので黒やチャコールグレーなどに合わせると相性が良いです。

同じベージュですがシーズンによって販売される色のトーンが微妙に違うので使い分けると良いですね。

ベージュに限らずですが基本的にどの色もそのシーズンに販売されてる色と相性がよくなるので購入したシーズンを把握しておくと色合わせもし易くなります。

オススメコーディネート
12080506_1621703274749571_2065789739_nphoto by mulpix.com

ベージュの場合他のベーシックカラーの中で白についで明るいカラーになります。

なのでこのようにアウターで選ぶのがオススメ。

それだけで全体の印象が明るくオシャレに見えます。

組み合わせる色はこの画像のようなグレーや黒といった同じベーシックカラーで良いです。

インナーに赤や青や黄色などといったアクセントになるカラーを入れても面白いです。

⑥茶色

bench-1190768_640※中性色。

土、木、大地、自然の色。シーズン問わず使える色。

アースカラーとも呼ばれ安定感がありあまり流行に左右されない色になります。

印象

安心感、安定性、堅実などのイメージ。

昔からある伝統的なクラシックな印象も与えられるます。

がそれゆえに色合わせや着方を間違えると老けて見えてしまいがち

色の使い方 組み合わせ方

茶色の使い方としては紺と同様に他の色と組み合わせで印象がかなり変わってきます。

特に黒やチャコールグレー、紺といった暗めのトーンで全体を統一してしまうとかなり全身が暗くなってしまいます。

ビジネスなどのスーツもここ数シーズンはトレンドとは離れています。

ただ茶色の皮のシューズは流行関係無しに定番的に販売されています。

コーディネートのポイントとしては自然のアースカラーを活かした季節感ある色の組み合わせ。

例えば春ならば桜の木を連想した茶色×ピンクの組み合わせや秋の紅葉をイメージした茶色×オレンジや茶色×マスタードイエロー(からし色)など。

こういった自然をイメージしたコーディネートにすると茶色はかなりオシャレに着こなせます。

アクセントとなる明るめの色をプラスする事で活かされる色です。

オススメコーディネート
winter-fashion-3photo by footfitterblog.wordpress.com
ちょっと深いカーキっぽいグリーンのカーディガンと茶色のパンツ。

これグリーンが葉っぱで茶色が木と考えるとアースカラーとその組み合わせが分かり易いかと。

このように自然に実際ある色の組み合わせを使うと上手くオシャレにまとまります。

洋服の色の印象と組み合わせ方② マルチカラー(流行色 季節色)

次はマルチカラーを紹介していきます。

マルチカラーは流行色や季節色とも呼ばれ洋服の場合は着こなしのアクセントをつけるアクセントカラーになります。

ベーシックカラーと組み合わせる事で全体の印象にトレンド感、季節感といった変化を加える事ができるカラーになります。

⑦赤

rose-1642970_640
※暖色

太陽、情熱 革命など強いエネルギーを連想させる色

インパクトがあり非常に強い印象を与える色でもあります。

印象

エネルギッシュで行動力に長けリーダーシップが強い印象。

人間の関心を最も引く色であり注目されたり目立たせたい場合に効果的な色。

色の使い方 組み合わせ方

赤は非常に強い印象を与えるので合わせ方にはバランスを考える事が重要です。

着てる服の色は面積が大きくなる程印象が強くなるので赤はそこがポイント。

上着やパンツに赤を持ってくる事で、着こなしはかなりアクセントになりますがこちらは上級者向け。

最初はインナー(中に着る服)か靴やバック、帽子などの小物に赤を使う事をオススメします。

ただでさえ印象が強力な赤なので面積が小さく抑えたインナーや小物類でも十分に生えます。

赤をインナーで差し込む場合に合わせるベーシックカラーは黒や白よりもグレーや紺、ベージュがオススメ。

黒白でも合わない事は無いのですが強い色同士の組み合わせのコントラストが激しいので似合う人が限られます。

その点、紺やグレー、ベージュなどは黒白ほどコントラストは無いのでどんな人でも似合う組み合わせになります。

オススメコーディネート
uomini-belli-modelli-maschi-foto-0017_oggetto_editoriale_720x600photo by www.elle.it

赤を取り入れるのに抵抗がある人でも靴であればまだ取り入れられますよね。

靴程度の面積であればコントラストとかは考えずに黒白でも合わせられます。

コツはこの画像の様に服の色を全てモノトーンやベーシックカラーでまとめる事。

他の明るいカラーを入れるとバランスが悪いので明るい色を赤のみにする事です。

足元に色が差し込まれる事でオシャレに見えます。

⑧青

sailing-boat-1473281_640
※寒色

海、空などを連想させる色。

この色はマルチカラーですがベーシックカラーに近い位置で活用する事が出来ます。

爽やかで涼しげなクールなイメージ。

更に冷静な人=頭の回転が速い人 という発想から知性印象付けれます。

また清潔感、誠実さなどといった印象も。

色の使い方 組み合わせ方

カジュアルなファッションの代表格であるデニムの青なので馴染み深く合わせ易いカラー。

街で見かけるブルージーンズは様々なコーディネートがありどんな色で合わせてもあまり違和感ありません。

つまり青もベーシックカラーに近いイメージで色合わせしても良いという事です。

とは言うものの明るい赤や黄色などを組み合わせるとあまりにもコーディネートが子供っぽくなってしまいます。

なので基本的にはベーシックカラーとの組み合わせがベスト。

ベーシックカラーであればどの色でも合わせられます。

オススメコーディネート
tcSXfTolJAFUgoe_HT9qe_198pohto by girlschannel.net
青とベーシックカラーである紺、グレーの組み合わせ。

青もグレーも紺も全て寒色と呼ばれる系統の色になります。

ちなみに反対が暖色で赤や黄色やベージュになります。

青はこのように寒色でまとめるとその特性であるクールさや知性がかなり印象付けられます。

これ以外だと白もオススメ。

白を加えるとさわやかさや清潔感が増します。

⑨黄色

sunflower-378270_640
※暖色

赤、青 黄色という色の3原色の1つ。

とは言えメンズでは圧倒的に他の2色に比べて使う頻度が少ない。

黄色のアイテム自体持っている人が少ないのが現状。

印象

陽気、元気、活発、若々しさ 軽快感といったイメージ。

『幸せの黄色いハンカチ』という映画があるように幸福感や希望などといった印象も。

カジュアルな印象がかなり強い色。

色の使い方 組み合わせ方

黄色も赤と同様にかなり色の印象が強いので同じようにインナー(中に着る服)や靴、バック、帽子などの小物で活用するのがベスト。

また、原色に近い黄色は春夏シーズンの使用が好ましい。

とは言え赤以上に身に付ける機会が少ないので黄色のトーンを少し暗めにしたマスタードイエローの活用がオススメ。

マスタードイエローとはからし色とも呼ばれ名前の通りからしの色をイメージすると分かり易い。

黄色よりもトーンが暗いので使い勝手が非常に良い。

季節で言うと紅葉をイメージさせる秋冬シーズンの活用が多いです。

こちらは茶色などと組み合わせてアースカラーのコーディネートにしたり、黒やグレーなんかとも相性が良いです。

オススメコーディネート
007pohto by kurumani.com

ニット帽にマスタードイエローを持ってきたコーディネート。

他の色が茶色やグレー白などのベーシックカラーなのでアクセントとしては最適。

マスタードイエローを小物にする場合、他の服はベーシックカラーで合わせるとバランスよくまとまる。

⑩ピンク

flamingo-173127_640
※暖色

赤のトーンを白よりに薄くした色。

昔はピンクは女性のみが使用する色であったが今は男性で取り入れている人もかなり多くなってきた色。

印象

優しさ、繊細さ、癒し、甘いイメージ。

身に付けている物がピンクという事だけで相手に柔らかく、優しいイメージを与えやすい。

女性が身に付けるイメージが強いピンクですがこのイメージを逆手にとって男性が身に付ける事で相手の印象にギャップを加える事ができます。

色の使い方 組み合わせ方

大人の男性がピンクを使う場合まずアイテムとしてはシャツかニットセーターがベスト。

このアイテムであればピンクでも全体のバランスが上手くまとまります。

色合わせはベーシックカラーにプラスするだけでコーディネートが様になるので特に難しくはありません。

あえて言うのであれば、グレーや紺、ベージュ、茶色などが相性が良い組み合わせです。

オススメコーディネート
31d93bbb42e42e0128c9fa8173daa9c5
pohto by www.instiz.net

初めてピンクを使うのであればインナー(中に着る服)で使う位がちょうど良いバランスです。

紺のアウターに紺のデニム、茶色の靴で合わせています。

アウターの色をグレーやべジューにするともう少し柔らかく優しい印象になります。

⑪カーキー

army-1049319_640
※中性色

緑色の部類に入る色。

緑より深みがあってトーンも暗め。

茶色と同じくアースカラーでもあります。

印象

カーキは緑色なので茶色と同じく自然や大地を連想させます。

落ち着きや安らぎなどといった印象も。

ただカーキーの男性服の場合、軍服や戦闘服といったミリタリーウェアの印象が非常に強いです。

ミリタリウェアーは戦闘する際に敵に見つからない様な目的でデザインされている物もあり、主に大地や森林と上手く塗れる様な色合いになっています。

そういった経緯からミリタリウェアーはカーキーが主となっているのです。

色の使い方 組み合わせ方

上記の説明の様にカーキーはミリタリーウェアのイメージがあるので上着とパンツの上下で合わせると完全に軍人扱いされるのでこれは止めましょう。

実は緑は暖色と寒色の間の中性色になるので殆どの色と合わせる事が出来る万能色でもあります。

カーキーに黒 カーキーに紺 カーキーに白といったベーシックカラーは全てOK

以外に明るい赤やオレンジ、黄色などと合わせても問題なく合わせられます。

茶色とMIXさせたアースカラーのコーディネートもオシャレです。

オススメコーディネート
pinrolling_calça_dobrada_com_sneaker (15)photo by www.machomoda.com

カーキーに白黒のモノトーンをプラスさせたコーディネート。

難易度も低く誰でも似合い簡単に取り入れられる色の配色です。

⑫オレンジ

leaves-228104_640
※暖色

茶色のトーンを明るく上げていった色になります。

オレンジは大きく2種類あり、果物のオレンジのような鮮やかな色と紅葉のもみじのような落ち着いたオレンジがあります。

印象

親しみや明るさ、開放的なイメージ。

外交的で社交性がある、話しやすさ、軽さ など印象。

色の使い方 組み合わせ方

大人が取り入れる場合、様な鮮やかなトーンではなくシックで落ち着いた紅葉オレンジのトーンを取り入れると良いです。

なので着るシーズンは秋冬シーズンがオススメ。

合わせる色はベーシックカラー全般に合わせられますが、秋冬着るのであれば白は季節感が微妙になるので白シャツ以外は避けたほうが良いでしょう。

紅葉のイメージなので茶色やカーキといった色とも相性が良いです。

オススメコーディネート
024photo by kurumani.com

秋冬のオレンジは茶色が明るくなった色なのでそこまでど派手に映りません。

実はアウター1枚はおるだけでも様になってしまいます。

合わせる色は黒や茶色、ベージュなどがベター。

カーキを入れて色味を増やすのもあり。

網目が粗いザックリしたローゲージのセーターなどのオレンジがオススメ。

⑬ボルドー

wine-541922_640
※暖色

ワインレッドとも呼ばれる色。

赤を暗めのトーンに落としたシックで大人っぽい赤。

印象

シック、大人っぽさ、ミステリアスなイメージ。

内に秘めた情熱がほんの少し垣間見える。

色の使い方 組み合わせ方

ボルドカラーはほとんどと言っていい程秋冬シーズンの色。

特にニットセーターでこのカラーが作られる事が多いです。

合わせられる色はベーシックカラー全般ですが、白シャツ以外に白いアイテムを合わせる場合は季節感を考慮してウールの様な冬素材を選ぶと良いでしょう。

他の色だとカーキーなども相性が良くバランスよく色合わせ出来ます。
9-1photo by kurumani.com

ボルドーカラーはシンプルにベーシックカラーでまとめるのが一番シックで大人っぽくまとまります。

グレーのジャケットに白シャツ、黒いパンツの配色ですが黒のジャケットなんかでもOkです。

洋服の色合わせはベーシックカラーとマルチカラーに分けてコーディネートを考えると分かり易いです。

洋服の配色コーディネートを考える際はこの記事を上手く活用して見て下さい。

こちらにも大人のオシャレなファッションのコツをまとめられていますので是非

大人のオシャレなコーディネートに関する仕組み、仕方 記事 一覧

※4つの色の種類
暖色……暖かく見える色
寒色……寒く見える色
無彩色……色味が無い色
中性色…暖色にも寒色にも属さない色

ツィッターの人はコチラ

Pocket

スポンサーリンク

 - カラー, コーディネート

  関連記事

一体何色がいいの?知らなきゃ損するファッションで使う色の使い方

スポンサーリンク Pocket photo by iro-color.com お …

シンプルなファッションの人は必見!!覚えるとシンプルさが更に洗練される3つのファッションのカテゴリーとは

スポンサーリンク Pocket おはようございます。 ファッションスタイリスト兼 …

自分に似合う服って何?最低限必要な3つの条件プラス1つの要素とは

スポンサーリンク Pocket photo by mamari.jp おはようご …

要注意!!チェックシャツを選ぶ前に必ず抑えておきたい6つのポイントとは【メンズ】

スポンサーリンク Pocketおはようございます。 ファッションスタイリスト兼ブ …

スニーカー好きな大人必見!!オシャレな厳選スニーカーコーデのメンズスナップ10個を徹底解説

スポンサーリンク Pocketphoto by sunshineandfeeli …

見ればワンランクアップ!!私服にネクタイ,コーディネートのコツ スナップ解説付き

スポンサーリンク Pocketphoto by blog.livedoor.jp …

メガネで雰囲気イケメンに!!なる3つのギャップの作り方とは

スポンサーリンク Pocket photo by Curtis MacNewto …

直ぐに実践出来る!!自分のファッションコーディネートをオシャレに見せる2つの具体的なアイテムとは?

スポンサーリンク Pocket おはようございます。 ファッションスタイリスト兼 …

流行りのチェスターフィールドコートを大人の男がオシャレに取り入れるコツ

スポンサーリンク Pocketおはようございます。 ファッションスタイリスト兼ブ …

30代メンズファッションの着こなし、大人のモテる色合わせのコツとは?

スポンサーリンク Pocketおはようございます ファッションスタイリスト兼ブロ …