*

キレイめ度50%

スポンサーリンク
Pocket

普段の私服ですがまだカジュアル要素が多いコーディネートになっています。

この診断でチェックするキレイめとカジュアル要素のバランスは

1 アイテム
2 色、柄
3 洋服のシルエット
4 自身のルックス

になります。

こちらがバランスチェック表

診断結果の詳細

全体のコーディネート比率

キレイめ要素50%
カジュアル要素50%

Bコースは普段の私服の場面ですがこの数値だと、やや子供っぽい印象のコーディネートになります。

10代~20代前半くらいまでなら私服でも許容範囲内ですが20代後半からは考え直しましょう。

ポイントアドバイス

このコーディネート比率の場合だと手持ちのコーディネートから2アイテムはキレイめ要素のあるアイテムと入れ替える必要があります。

入れ替えて診断を受けてみましょう。

手持ちのアイテムに該当するキレイめの物が無い場合は、仮想でアイテムで該当する物を考えて診断をシュミレーションしてみましょう。

診断結果が良いバランスになれば、その仮想のアイテムが今のあなたのコーディネートに必要なアイテムに該当する物になります。

その条件を元に服や靴を選んでみましょう。

ファッション診断を繰り返してコーディネートの組み合わせ方や服の選び方の感覚を身につけていきましょう。

①仮想アイテムを考える

②手持ちのアイテムと仮想アイテムを組み合わせてファッション診断

③コーディネートバランスチェック

④実物を着てみる(実店舗やWEB通販の試着サービス利用)

①に戻る

繰り返す事でコーディネート力UPしていきます!!

ファッション診断に戻る

大人のファッション診断 バランスチェック

Pocket

スポンサーリンク